医療技術は着実に進歩しているようです

人間というのは今日、元気であっても明日は体調を崩してしまうかも知れませんし、あるいは怪我をして動くことも叶わなくなってしまうかも知れません。
言わば明日以降はどうなるか先の見えない生き物と言えるのかも知れません。
しかし、もしそうなってしまった場合、ほとんどの人は医療のお世話になるのではないでしょうか。
今の医療技術は一昔前とは比べ物にならないくらい進歩しているようです。
たとえば、胃カメラを用いた胃の検査一つ取ってもそうです。
胃カメラによる検査が実用化された頃はカメラ自体が大きくて管も太いものだったため、検査される側の苦痛は大変なものでした。
しかし、今はカメラも最小化されて、さらには口からの挿入ではなく、鼻腔からの検査も可能になり、嘔吐感もかなり少なくなりました。
こういったお陰で、最近では胃の検査を希望する人も多くなり、予約を取るのも容易ではなくなってきているようです。
胃の検査の他には大腸検査等も昔と比べると苦痛も少なくなり、本当に楽になりました。
ガン等の早期発見が叫ばれる中、さらなる医療の進歩を期待したいものです。